Burnside High School(バーンサイド高校)

Burnside High School

バーンサイド高校

バーンサイド・ハイスクールは全校生徒約2700人の公立の男女共学校で、ニュージーランド南島では最大の規模を誇ります。

学生は大きく4つのグループ(DIVISION)に分けられており、学校には学校全体の校長の他にもその4つのDIVISIONごとに校長がおり、マンモス校ながらもしっかり学生にケアが行き届くように気が配られています。

学業面においては、国内の公立校ではトップレベルの成績を修めており、国際的にも評価が高く、多くの地元学生・留学生が卒業後に国内外の名門大学に進学しています。
また部活動も盛んに行われ、スポーツや文化面でも好成績をおさめています。アンドリュー・エリス等のオールブラックス選手や、ヘイリー・ウェステンラー等の著名な音楽家も輩出しています。学内には本格的設備があるシアターが完備。音楽や演劇などに力を入れたい生徒にもお勧めです。

入学基準は、クライストチャーチの公立校の中では最も高いと言われており、高水準の学力を求める方にはチャレンジし甲斐のある学校です。

留学生数は約190人おり、国際部が生徒をサポート。留学時の英語力によっては、しっかりと教科を学ぶための準備としてESOLのインテンシブ・コースに入り、科学・英語(国語)・社会・数学といった科目を学ぶのに必要な英語を学ぶことができます。

学校データ
所在地 Greers Road, Burnside, Christchurch
設立 1960年 学生数 約2700名 日本人数 約10名
受け入れ学年 Year9~YEAR13 学校形態 公立共学校
日程
【2019年】
Term 1: 1月28日~4月12日
Term 2: 4月29日~7月5日
Term 3: 7月22日~9月27日
Term 4: 10月14日~12月6日
宿泊施設 ホームステイ(3食付き)
諸費用【2019年】
事務手数料 NZ$600
授業料 NZ$15,500
ホームステイ・宿泊手配料 NZ$350
ホームステイ代 NZ$266
制服代金 NZ$600~700
海外旅行傷害保険 NZ$575~600
ガーディアンサポート費 ガーディアンサポート費に関しましてはこちらをご参照ください。
備考 その他 NCEA試験代金、文房具、教材等がかかります。

お問い合わせ用メールフォームバナー
2019年度ご入学、その他各種ご相談受付中!

PAGETOP