Selwyn House School(セルウィン・ハウス・スクール)

Selwyn House School(セルウィン・ハウス・スクール)

セルウィンハウス・スクール

セルウィン・ハウス・スクール(Selwyn House School)は、ニュージーランド南島クライストチャーチのメリベール地区に位置する私立の女子小学校です。セルウィンハウスでは、保育園も設置されており、保育園から小学校(1学年から8学年)までの一貫教育を行っています。またニュージーランドでは数が少なく、クライストチャートで唯一の保育園から小学校卒業まで国際バカロレア(International Baccalaureate、略称※IB)のカリキュラムを取り入れた教育を提供している小学校です。

学校の所在地となるメリベール地区は、閑静な高級住宅地で評判のレストランやショッピングセンターなどがあり、クライストチャーチ市内でも治安が良いと人気のエリアです。セルウィンハウスは1929年に創立され、近代的な校舎と整備の行き届いたプレイグランド、体育館や音楽室などの他、最大28名収容の学生寮が敷地内に完備されています。
学生寮は、24時間体制で寮長により管理されており、安心して寮生活を送って頂けます。英語が初級者の留学生でも寮生活をされることにより復習や予習の時間なども設定されていますので英語の上達度が速いと評判です。
留学生は毎年約10名で国籍は中国、韓国、タイ、日本などからで、そのうちの半数は寮生活を送っています。セルウィンハウスは、地元の学生に国際的な交流を持てる機会が増えることを強く望んでおり、留学生の受け入れに積極的です。

※国際バカロレアは、 国際バカロレア機構が定める教育課程を修了すると得られる資格です。世界約146か国、約3,700の学校に採用されています。 日本の文部科学省のページでは、国際バカロレアについての説明が以下のように掲載されています。
3歳~12歳を対象とする国際バカロレアは、精神と身体の両方を発達させることを重視しているプログラムである。カリキュラムは「何を学びたいか」「どうしたら一番よく学べるか」「どうしたら何を学んだかわかるのか」という3つの質問を中心に構成され、どのような言語でも提供可能となっている。
詳しくは文部科学省の国際バカロレアについてのページをご参照ください。

 

学校データ
所在地 122 Merivale Lane, Christchurch
設立 1929年 学生数 約200名 留学生数 10名(中国、韓国、タイ、日本など)、日本人2名
受け入れ学年 保育園-Year8 学校形態 私立女子校
日程 【2018年】
Term 1: 1月29日~4月6日
Term 2: 4月30日~7月6日
Term 3: 7月23日~9月21日
Term 4: 10月15日~12月7日
宿泊施設
Year5から寮生活が可能(お子様お一人での渡航が出来る。)
※学校が休みの間は寮は閉まります。一時帰国またはホームステイ(受け入れ先がある場合のみ)に宿泊が必要です。
諸費用【2018年】
入学金 入学金 NZ$1,200
授業料 NZ$25,000
宿泊手配料
寮費 $13,000
制服代金+文房具代 お問い合わせ下さい
海外旅行傷害保険 約NZ$500~
ガーディアンサポート費 ガーディアンサポート費に関しましてはこちらをご参照ください。
備考 その他、教材費、制服代、アクティビティ代、ホリデー期間中のホームステイ代等がかかります。

お問い合わせ用メールフォームバナー
2018年度ご入学、その他各種ご相談受付中!

PAGETOP