NZ学校教育システム

国際社会で通用する人材を育てる

ニュージランドの教育

初等・中等教育(義務教育)

ニュージーランドの初等・中等教育は大きく分けて以下の3種類のスクールで構成されています。学年はYEAR1からYEAR13までの13年生です。また義務教育は6歳から16歳までとなっています。

授業の科目については、YEAR10までに英語や数学、科学、保健体育等の必須科目を履行します。その後、YEAR11からは学校により履修できる科目も異なりますが、今後の将来の進む道に合わせ経済や経営、自動車エンジニアリング、ツーリズム等の科目の中から幅広く選択することができます。

またNCEA(全国統一学力評価試験)もYEAR11から始まり、レベル1からレベル3までの試験をYEAR11,12,13の学年末に受験することになります。現地の大学入学には受験はありませんが、NCEAレベル3の取得他その他条件も満たし、NCEAの大学入学資格を取得する必要がございます。 

Primary School (プライマリー・スクール)

日本の小学校にあたる学校がプライマリー・スクールと呼ばれます。満5歳から就学が可能となりますので日本と異なり入学式が行われない点が特徴です。プライマリー・スクールの学年はYear1からYear6(5歳から10歳)までとなります。

Intermediate school(インターミディエイト・スクール)

Year7(11歳)とYear8(12歳)がインターミディエイト・スクールの学年になります。 インターミディエイト・スクールとして独立した学校で就学する場合、またプライマリー・スクールの一部として同じ学校に通う場合やセカンダリー・スクールの一部にて就学となる場合もあります。

Secondary School(セカンダリー・スクール)

ニュージーランドでの中等教育はYEAR9からYEAR13(13歳から17歳)の学生が通い、日本の中学校と高校に該当する学年にあたります。義務教育はYear12(16歳)で終了となりますが、一般的に大学や高等教育機関進学を希望する学生や留学生の多くはYear13に進みます。

高等教育(大学、ポリテクニック、専門学校)

ニュージーランドには、8つの国立総合大学があります。(Auckland University, Auckland University of Technology, Waikato University, Massey University, Victoria University, Canterbury University, Lincoln University, Otago University)
この内、クライストチャーチ市内にはカンタベリー大学、クライストチャーチ郊外にはリンカーン大学があります。

学士号課程は通常3~4年間、その後修士課程、博士課程があります。他には大学と同様な資格や実務資格取得できるポリテクニックや各種専門学校があります。

お問い合わせ用メールフォームバナー
2018年度ご入学、その他各種ご相談受付中!

PAGETOP