一年間の語学留学でTESOL(英語教師養成コース)資格を取得

  • HOME »
  • »
  • 一年間の語学留学でTESOL(英語教師養成コース)資格を取得

語学留学体験談

一年間の語学留学でTESOL(英語教師養成コース)資格を取得

お名前: F. A.様
留学プラン: 長期語学留学(学生ビザ)
留学期間: 2009年9月(一年間)
語学学校: Kaplan International College(アカデミックセメスター) & Christchurch College of English(TESOLコース)

留学生の声

Q. どうしてTESOL*コースを取ることにしたのですか?

A. 一年間一般英語コースで英語を学び、最終的に何か資格が欲しいと思ったので、今後仕事に役立つコースを選びました。
*TESOL(Teaching English to Speakers of Other Languages) 英語が母国語としない人の為の英語教授法を学ぶコース。

英語教師養成コース(TESOL)を習得

Q. 先生やクラスメートはどんな人たちでしたか?

A. クラスの年齢層は幅広いですが、皆真面目でした。判らない所を教えあったり相談したりして助け合いました。先生は明るく相談しやすかったです。質問にも必ず答えてくれるし、生徒一人一人をしっかり見てくれていました。

Q. クラスの様子を教えてください。授業はどのように進められましたか?

A. テキストに沿って授業をしますが、実習や他の学校への見学もしました。自分で内容を考えた授業の実習はクラスメイトと先生からの感想が聞けるので判りやすいです。見学も実際の授業を見て学ぶことが多くてとても為になりました。

Q. 英語力はどの程度必要ですか?教師の経験は必要ですか?

A. 英語力はCCELだとインターミディエイト以上であれば入学できましたが、アッパーインターミディエイトレベルはあった方が良いと思います。クラスには教師の経験がある人もいましたが、無くても一から教えてもらえるので大丈夫でした。

Q. コース受講にあたり、準備しておけば良かったことはありますか?

A. ボキャブラリー(語彙)が多い方が良かったと思います。覚えることがとても多いので、最初にテキストの予習をしておくべきだったと思いました。

Q. 何が一番難しかったですか?どのように克服しましたか?また一番の思い出は?

A. 実際に教えるのが一番大変でした。何回かチャンスがあったので、他のクラスメイトからアドバイスを貰ったり、見て参考にして少しずつ克服しました。小学校の見学もしましたが、語学学校の授業とは異なり、良い体験になりました。

Q. どういう人にこのコースをお薦めしますか?

A. 英語教師になりたい人や英語力を高めたい人にお薦めします。

Q. 卒業後、TESOLの資格を活かしてどんな仕事をしたいですか?将来の展望は?

A. 英語教師として働けたら良いと思います。またチャンスがあればTECSOL(児童英語教師)の資格を取って子供にも大人にも幅広く教えたいと思っています。

お問い合わせ用メールフォームバナー
2018年度ご入学、その他各種ご相談受付中!

PAGETOP